税金の仕組みは?

フィリピン不動産に投資する場合には、現地の税法上決められた税金を納めなければなりません。

フィリピン不動産の購入・所有・売却・相続にかかる税金

ここでは購入・所有・売却・相続とそれぞれ分けて、どのような税金がかかるかまとめています。

不動産売買時

  • 印紙税・・・売買価格、又は評価額の高い方に対して2%
  • 不動産移転税・・・売買価格、又は評価額の高い方に対して0.5%
  • キャピタルゲイン税・・・売買価格、又は評価額の高い方に対して6%

※売却損がある場合でも同率で税金がかかります。

  • 付加価値税(VAT)・・・・320万ペソ以上の物件には12%。

※通常は物件価格に含まれて提示されますが、要確認してください。

不動産所有時

  • 固定資産税・・・約0.5%~1.5%(評価額×0%~60%程度の評価率に対して、2.0%~2.5%程度)

※この他に特別教育基金が評価額の1.0%、火災保険料、組合管理費がかかります。

不動産賃貸時

  • 個人所得税
  • ・外国籍の居住者、外国籍の非居住者(滞在期間180日以上)・・・国内源泉所得に対して5%~32%

    ・外国籍の非居住者(滞在期間180日未満)・・・国内源泉所得に対して一律25%

※この他に委託管理手数料が家賃1ヶ月分か10%程度を管理会社に支払います。

相続・贈与時

  • 相続税・・・評価額に対して約5%~20%
  • 贈与税・・・評価額に対して約2%~15%

付加価値税や個人所得税の支払い義務について

もし、フィリピンでの滞在日数が180日を超える場合は、個人所得税がかかります。これは累進課税となっているため、最大32%の税金がかかります。

さらに日本の消費税にあたる付加価値税(VAT)が12%の税率で、商品やサービスに課せられています。その他にも百分率税というのもあって、こちらが掛けられているものに関しては付加価値税はありません。

いずれの税金かどうかは、レシートや領収書に明記されているので確認できます。

永住を視野に入れる場合は、フィリピン在住することでかかる税金面でのコストも視野に入れておかなければなりません。

海外不動産投資に役立つ特集記事海外不動産投資に役立つ特集記事

【免責事項】
このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。
各投資会社の詳細な情報は、公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。