タイ

タイで不動産投資をするならコンドミニアムがオススメです。

不動産の税制優遇が日本より高いタイ

タイの画像区分所有物件を個人で所有する場合は、固定資産税や消費税がかかりません。また相続税といったものもないため、資産運用や資産継承の観点からも優位点があります。

ただし、日本居住者および非居住者に関する相続税や所得税などは、税金逃れを指摘される場合もあるため専門家に相談してください。

タイは都市機能も充実していて、日本と同じように暮せる利点とプーケットやサムイ島など南部の美しいビーチリゾートや北部の避暑地があり、過ごしやすい環境です。

微笑みの国”と呼ばれていて、タイの人々はホスピタリティにあふれ、温かみを感じさせてくれます。物価も安いため、移住先として考えている人も多い魅力的な国です。

タイの不動産購入・所有・売却 税金事情

  • 固定資産税(土地家屋税)・・・0%。個人所有コンドミニアムは非課税
  • 売却益課税・・・家賃所得は非課税。譲渡所得15%(100万バーツまで)
  • 登記費用・・・2%(新築は通常ディベロッパーと所有者で1%ずつ負担)
  • 消費税・・・0%(個人取引は非課税)
  • 相続税・・・0%
タイ 基礎データ
通貨 バーツ(BAHT) 補助通貨はサタン(Satang) 100サタンが1バーツ
2015年1月20日現在の為替レート1B≒3.6円
首都 バンコク
公用語 タイ語
面積 51万4,000平方km(日本の約1.4倍)
人口 6,593万人(2010年タイ国勢調査)
GDP 4,048億ドル(名目,2014年,国家経済社会開発庁(NESDB))

タイの不動産投資 推薦エリア

アイコン利便性が高い首都「バンコク」

スクンビットエリアには大型ショッピングモールや高級コンドミニアムもあり、日本人居住者や観光客も多くオススメです。

アイコン首都バンコクからも近いビーチリゾートの「パタヤ」

アイコン世界中から多くの人が訪れる「プーケット」

海外不動産投資に役立つ特集記事海外不動産投資に役立つ特集記事

【免責事項】
このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。
各投資会社の詳細な情報は、公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。