アメリカ

アメリカへの不動産投資は、いわゆる不動産投資に関するメリットの多くを享受できる点がなによりも魅力となっています。

利点が多いアメリカへの不動産投資

アメリカの画像 経済的な活況からキャピタルゲイン・インカムゲインの双方が得られる可能性もあります。また基軸通貨の米ドルで取引できるため、上手く売買すれば為替差益を得ることも可能です。

またローン大国だけあり、モーゲージローンといった制度が非居住者の外国人でも使えます。さらに日本との税制上の違いを活かしたから節税策もあります。

こうしたメリットを享受できる反面、手続きなどは煩雑になりますが、それを差し引いても魅力的な投資対象先と言えるでしょう。

不動産としてみれば、ハワイや南カリフォルニアが今後も人口増加や不動産価格の上昇が見込めます。日本企業の進出も増えてきているため、賃貸需要の点からも投資価値が高くなっています。

アメリカの不動産購入・所有・売却 税金事情

アメリカで不動産投資する場合は、以下の義務があるので注意が必要です。

  1. 非居住者も不動産収入に関わる確定申告が必要
  2. 家賃収入の30%をアメリカに残しておかなければならない
  3. 正式にはアメリカで確定申告をするため、納税者番号を取得しなければならない
  4. 日本に所在地のある会社が投資する場合は、個人でなく、会社として確定申告を行う

税率などはそれぞれの州によって違いがあります。

アメリカ 基礎データ
通貨 米ドル(US$) 通貨単位はドル($)とセント(¢)
$1=120.49円(2015年9月14日現在)
首都 ワシントンD.C.
公用語 主として英語(法律上の定めなし)
面積 962.8万平方km、50州・日本の約25倍
人口 3億875万人(2010年4月 米国国勢局)
GDP 17兆4,189億ドル(名目値、2014年)

アメリカの不動産投資 推薦エリア

アイコンいつの時代も日本人が憧れる「ハワイ」

オアフ島では、ワイキキなどの観光地をはじめ、高級住宅エリアのカハラが人気。近年ではマウイ島やハワイ島もリゾート施設が多く、人気がある。

アイコン西海岸の「カリフォルニア」

広大な北米大陸のなかで、日本に近い西海岸は、一年を通して温暖な気候のエリアです。カリフォルニアはアメリカでも人口が最大の州です。サクラメントやサンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴといった都市が交通の便もよく、生活環境も便利です。

海外不動産投資に役立つ特集記事海外不動産投資に役立つ特集記事

【免責事項】
このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。
各投資会社の詳細な情報は、公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。