メリットやリスク

メリットや失敗例、リスクなど。海外不動産投資を行う上でのメリットをまとめています。

海外不動産投資のメリット

メリットリスク_アイコンハイリターンで、キャピタルゲインが狙えます

海外の物件は国内の不動産と比べてみても価格変動幅が格段と高くなっています。特にこれから成長が見込まれる国では、短期間に購入価格を遥かに上回る価格になることも珍しくありません。その時売却すれば、当然ハイリターンが得られるという訳です。

メリットリスク_アイコンもちろんインカムゲインも

物件を現地で賃貸することにより、インカムゲインも得られます。一般的にみて海外では利回りの良い物件相場になっているため、物件価格が上昇する前の段階では賃貸で家賃収入を得ながら、値上がり時期を待つことも可能です。

メリットリスク_アイコン少額でもOK。高いレバレッジ効果

海外不動産投資は、一般の投資商品と違い金融機関からの融資を受けられます。ですからレバレッジ効果を活かして、低資金であっても高い収益率が得られます。

メリットリスク_アイコン為替のリスクヘッジとして活用

海外不動産は円高時の有効な投資手段になります。今が円高か円安かどうかを見極めるのは、為替ディーラーといったプロでも難しいもの。それだけ為替は日々変動してきます。今後円高に振れた時は、海外物件を安く手に入れられるチャンスですので、タイミングを見逃さずに!

海外不動産投資のリスク

メリットリスク_アイコンカントリーリスク

政治体制が安定していなかったり、急激な経済不況に陥ることなど、海外情勢の変動によって、取得した不動産の価値も変化します。投資対象国のカントリーリスクについては十分検討するようにしましょう。

メリットリスク_アイコン法律改正による価値喪失

海外の人が不動産を買いあされば、自国の人々が不動産を購入できなくなったり、自国の資産を買いたたかれる場合があります。そのような状態が続いた時、投資先の国が防衛策として法律改正で対策を講じることがあるのです。

具体的には外国人に融資条件を厳しくしたり、購入の最低価格引き上げといった例が見受けられます。

その国毎に情勢は日々刻々と変化していきます。その意味でもたえず現地情報には気を配っておく必要があります。

失敗例から海外不動産投資で気をつけること

海外不動産投資で失敗した人たちの例を見ると、プレビルド詐欺やローンの借入トラブル、現地管理会社の破綻、賃借人の家賃滞納といった様々な問題がでてきます。

こうした被害にあわないためにも、不動産投資会社や現地管理会社は信頼できるところを選びましょう

海外不動産投資に役立つ特集記事海外不動産投資に役立つ特集記事

【免責事項】
このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。
各投資会社の詳細な情報は、公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。