フィリピンが海外不動産投資で注目されているのはなぜ?

このサイトは海外不動産投資を考えている方へ向け、いま注目のフィリピン不動産を中心とした投資情報を掲載しています。

インフレのリスクヘッジに海外不動産投資を始めようとお考えの方、すでに海外不動産で成功を収め、さらなる投資物件を探している方、皆さんの参考にしていただければ幸いです。

フィリピン不動産投資が優れている理由

フィリピンが海外不動産の投資国に選ばれている理由

フィリピン不動産は価格が安く、しかも家賃利回りが10%超、空室は4%以下とROI(投下資本利益率) が秀でています。購入に際しては、価格の8割が融資されるノンリコースローンを使える点も、キャッシュフローの点から評価されているのです。

英語が公用語なため、アジア諸国の中でも比較的言葉が通じやすい、日本から近く4時間程度のフライトで現地に行ける、親日国の1つであることなどから、多くの日本人が訪れています。

さらに投資対象としてのフィリピンの良さには、以下のような点もポイントです。

利回りが良い

首都・マニラ付近のコンドミニアムの平均グロス賃貸利回りが年間7.5%と、不動産の投資価値はアジアの中でも最高水準にあります。大きなキャピタルゲインを出すことも可能です。

永住権を得やすい

フィリピンは永住権取得が他の国と比べても取りやすい状況のため、海外への移住を考える方の物件確保に最適です。

国民性が良い

フィリピンはアジア諸国の中でも、親日家が多い国のため、ビジネスパートナーとして温かく迎えてくれます。

ビジネスの拠点がある

首都マニラや商業都市のマカティなど、ビジネス拠点が構築され、アジア地域の新しいビジネス拠点として注目を集めています。

投資を始めやすい

物件価格が安く、都心の一等地にある50平方メートルの高級マンションが1,000万円程度で購入可能です。

【投資国別】
海外不動産の国内事情&おすすめのサポート会社はこちら

海外不動産投資で現在主流なのが、東南アジア諸国やアメリカ、オーストラリアなどの国々です。

本サイトでは、地域の特性や投資適合性を国別にリスト化して解説しています。各国の税金事情、国の基礎データはもとより、投資先として注目のエリアも掲載。さらに、各国の不動産投資を得意としている会社も紹介していきます。

フィリピンフィリピン

経済発展の将来性という観点から、今後も成長が期待されています。数字にも顕著で、2013年のGDP成長率は7.2%。アジア地域では中国に次ぐ規模です。

  • 不動産価格帯:1,000万円/50m²~
  • 利回り:年間12%前後
  • 空室率:都心5%程度
  • 若年人口が多く、今後も不動産需要が続くと見られる。

「フィリピンに強い投資サポート会社」
PILIP(ピリップ)

PILIP(ピリップ)

現地で15年以上もの長きにわたって営業し、今まで取り扱った件数は賃貸で2万件、売買で3万件を数える実績を誇る、フィリピン投資の雄です。

インドネシアインドネシア

首都ジャカルタをはじめ、都心部では住宅建設のラッシュ。タウンハウスと言われる小ぶりな家から、アパートメントタイプの物件まで需要が幅広くあります。

  • 不動産価格帯:約2,830万円/アパート1棟当たり
  • 利回り:年間15%前後
  • 空室率:都心10%程度
  • 物価が他のアジアの国々より安く、将来的に不動産のニーズが高い。

「インドネシア不動産投資に自信アリ」
フォーランド

フォーランド

フォーランドは東京の帝国ホテル内に本社を構え、インドネシアを中心としたアジア各国の不動産投資物件を扱っています。

マレーシアマレーシア

不動産投資とともに、海外移住先としても注目です。今後の不動産価格の高騰が経済発展とともに見込まれていて、海外不動産の投資先として人気の一国です。

  • 不動産価格帯:3,600万円/120㎡~
  • 利回り:約5%前後
  • 空室率:10%程度
  • 総人口の約56%が29歳以下。人口も増加しており、安定した価格上昇を続けている。

「頼りになる不動産投資会社」
グローバルプロパティ

グローバルプロパティ

グローバルプロパティは、主にマレーシア・クアラルンプールとアメリカ・テキサスの投資物件を扱っている海外不動産投資コンサル会社です。

タイタイ

不動産投資するなら、コンドミニアムがオススメ。また、不動産の税制優遇が日本より高く、区分所有物件を個人で所有する場合は、固定資産税や消費税がかかりません。

  • 不動産価格帯:約50万円 /坪単価
  • 利回り:約5%前後
  • 空室率:約10%
  • 外国人の物件の保有数に制限がなく、一定以上の価格でないと物件を購入できないという縛りがない。

「日本国内でも評判の不動産会社」
スターツ

スターツ

日本の不動産仲介で有名なスターツは、海外投資物件も扱っています。世界22カ国の海外ネットワークを仕切るのが、同社の国際事業本部です。

シンガポールシンガポール

小さな島国ですが人口約500万人のうち、1/3が移民の多民族国家。世界で最も住みやすい都市でランキングされていて、長期的な視点に立脚すれば、投資の価値大です。

  • 不動産価格帯:100~300万円/坪単価
  • 利回り:約4%前後
  • 空室率:5%程度
  • 政府が安定しており、外国人に関する法律による規制が少ない。

「シンガポールの不動産ならお任せ」
オウチーノ

オウチーノ

日本全国の新築マンション・中古マンション・一戸建ての住宅情報を提供しているオウチーノ。シンガポールを中心に海外不動産でも活躍中です。

アメリカアメリカ

不動産投資に関するメリットの多くを享受できる点がなによりも魅力。経済的な活況からキャピタルゲイン・インカムゲインの双方が得られそうです。

  • 不動産価格帯:800~1,500万円前後 ※メンフィス州
  • 利回り:約5%前後
  • 空室率:約1%
  • 日本の30倍以上の物件倍数で、減価償却の違いから築年数よりロケーションにより値段がきまる。

「アメリカをはじめ世界に不動産を有する」
ステイジアキャピタル

ステイジアキャピタル

ステイジアキャピタルは、世界に9カ所の拠点があり、グローバルな視点で日本の投資家たちに有益な海外不動産情報を提供しています。

オーストラリアオーストラリア

オーストラリアの不動産価格は、概して割高な印象ですが、投資価値として魅力なのは価格が上昇していて、今後の成長も見込める点にあります。

  • 不動産価格帯:4,000~6,000万円 ※最も売れている価格帯
  • 利回り:約5%程度
  • 空室率:約1%
  • 外国人による商業用不動産及び不動産開発に対して、規制が緩和されていて、所有も認められている。

「オーストラリアの不動産投資なら」
スターツ

スターツ

主に企業の海外進出を29年にわたりサポートしてきた実績があり、不動産投資物件にも活かされています。

初心者が知っておくべき海外不動産投資のイロハ

ここでは、海外不動産投資に手を伸ばすため、必ず知っておくべき知識を紹介いたします。

一昔前は海外不動産投資といえば、大きな不動産会社や機関投資家たちといった投資のプロの間で行なわれている、いわば玄人向けの投資方法でした。ですが今は、日本国内での投資に手詰まり感があることや、今後の少子高齢化や経済状況の閉塞感からか、一般投資家や会社を定年し新たな人生を考える方が、高い経済成長率が見込まれる海外不動産に目を向け、積極的に投資しています。

アジア諸国をはじめとした海外に目を向けると、今後人口増加に伴う高い経済成長率が見込まれる国が多くあり、まだまだ投資の可能性を秘めています。現在は海外不動産投資を中心に扱う会社も増えたため、投資物件の購入先として、最初から海外不動産を検討するのも、1つのスタンダードになると考えられます。

国内での不動産投資に比べた、海外不動産投資のメリット・デメリット

海外不動産投資の最大のメリットはなんといっても、日本国内では考えられない大きなリターンを得るチャンスがあることです。

国内での不動産投資の主流が家賃収入によるインカムゲイン目的なのに対し、海外不動産投資は購入価格からの値上がりを狙うキャピタルゲイン投資が主流です。これから高度経済成長を迎える新興国の不動産は比較的安価なうちに不動産を購入できるので、売却時に数百万、数千万円の利益を期待できるのです。

デメリットは、事情の異なる海外市場のことなので、不確実性が高いことです。数年後の地価の値上がりを予測して不動産を購入しても、予測したほどの値上がりが起こらないというリスクがあるからです。

海外不動産投資のリスクを避けてメリットを得るためには、現地の不動産についての法律や慣習を熟知した、信頼できるエージェントを見つける必要があります。

メリットやリスク

海外不動産に投資する際には、キャピタルゲインやインカムゲインがどのくらい見込めるか、メリットを把握するのと同時に、投資のカントリーリスクにも気をつけなければなりません。

詳しくはこちら

融資を活用する

海外の不動産投資でも、国内同様融資やローンを利用できます。言葉の問題はありますが、窓口となる海外不動産投資会社には独自のノウハウがあり、頼りになります。

詳しくはこちら

各国の税金について

海外不動産の取得や投資して得られた利益には、日本国内と海外とそれぞれに税金がかかってきます。海外不動産に投資を行なう上で税金は、しっかりと理解しておきましょう。

詳しくはこちら

海外不動産投資に役立つ特集記事海外不動産投資に役立つ特集記事

【免責事項】
このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。
各投資会社の詳細な情報は、公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。